平成26年-平成30年 文部科学省科学研究費補助金新学術領域研究「細胞競合」

計画研究

正常上皮細胞と変異細胞間に生じる細胞競合の分子メカニズムの解明

藤田班


研究代表者
藤田 恭之
北海道大学・教授
Lab homepage

研究分担者
伊藤 俊樹
神戸大学・教授
Lab homepage

研究概要

本研究は、正常上皮細胞と変異細胞間に生じる細胞競合の分子メカニズムの解明を担当し、異なる細胞間の境界で特異的に機能する分子群を様々な手法にて同定・解析する。

ヒトの正常上皮細胞層において最初にがんを誘発する変異が起きた時、新たに生じた変異細胞と周囲の正常上皮細胞の境界で起こる現象についてはほとんど分かっておらず、現在がん研究のブラックボックスとなっている。我々は、独自に確立した哺乳類培養細胞系を用いて、正常上皮細胞と変異細胞の境界で両者が生存を争う現象(細胞競合)が生じることを世界に先駆けて明らかにしてきた。しかし、どのような分子メカニズムで正常上皮細胞と変異細胞が互いを認識し、それぞれの生存に影響を及ぼすのかについてはほとんど分かっていない。本計画研究では、様々な哺乳類培養細胞競合システムを用いて、正常上皮細胞と変異細胞の境界で特異的に機能する分子群を定量的質量分析法SILAC (Stable isotope labeling by amino acids in cell culture) を中心としたスクリーニングによって網羅的に探索する。さらに、我々が確立した細胞競合マウスモデルシステムを用いて、スクリーニングで同定された分子の機能を解析する。得られた細胞競合候補分子について、領域班内の様々なモデルシステムを用いて解析を進めることによって、多彩な細胞競合現象を司る普遍的な制御因子の同定を目指す(図1)。本研究を精力的に推進することによって「周囲の正常細胞に変異細胞を攻撃させる」というがんの社会性を利用した全く新たながん予防・治療戦略の開発へとつなげていく。