平成26年-平成30年 文部科学省科学研究費補助金新学術領域研究「細胞競合」

計画研究

細胞競合における増殖因子の役割

石谷班


研究代表者
石谷 太
九州大学・准教授
Lab homepage

研究分担者
岡田 雅人
大阪大学・教授
Lab homepage

研究概要

SrcとWnt経路は、いずれも腫瘍形成を促進する細胞増殖因子である。近年のショウジョウバエ等を用いた解析により、Srcが活性化した細胞が細胞競合において敗者となり、一方でWnt経路が活性化した細胞は勝者となることが示された。これらのことは、増殖能の違いが細胞競合における勝敗決定の必須条件ではないことを示唆するとともに、細胞競合によるSrc活性化細胞の正常細胞からの排除が初動的ながん抑制機構として働いている可能性や、Wnt経路誘発性の細胞競合が腫瘍組織の進展に貢献する可能性を示している。しかしながら、Src・Wnt経路が誘発する細胞競合の分子機序は大部分が未解明であり、なぜSrcとWnt経路の活性化が細胞競合において相反する結果をもたらすのかは不明である。また、Src・Wnt経路誘発性の細胞競合が脊椎動物の組織恒常性の維持や腫瘍形成にどのように関わるのかも不明である。そこで本研究では、独自のゼブラフィッシュ細胞競合可視化システムとマウス細胞競合モデル・がんモデルを用いて、SrcとWnt経路の活性化が誘発する細胞競合の機序と、その脊椎動物の個体発生や恒常性維持における機能的意義、および腫瘍進展における役割を解明する。