平成26年-平成30年 文部科学省科学研究費補助金新学術領域研究「細胞競合」

計画研究

Hippoシグナル経路による細胞競合機構とその破綻病態

鈴木班


研究代表者
鈴木 聡
九州大学・教授
Lab homepage

研究分担者
仁科 博史
東京医科歯科大学・教授
Lab homepage

研究概要

 本研究「Hippoシグナル経路による細胞競合機構とその破綻病態」では、
(1) 哺乳類細胞競合現象の可視化;
(2) 勝者細胞と敗者細胞の差を手掛かりにした「適応度」差の感知機構や競合後の細胞排除機構解析;
(3)細胞競合の個体における生理作用と破綻病態解明、
の3つのアプローチによって、細胞競合現象を解明する。
 ショウジョウバエにおいてはHippo経路分子が細胞競合の最も重要な制御分子とされつつあるが、哺乳類の細胞競合に関わる遺伝子群はいまだほとんど不明である。また成体マウスの肝臓に若いマウス由来の肝細胞を移植すると、肝臓のサイズは一定のまま若い移植肝細胞が宿主の古い肝細胞を競合的に排除して組織内の占有領域を順次拡大していく現象は、“哺乳動物組織における細胞競合”の1例として知られていた。これまで研究代表者は、Hippo経路の構成分子のノックアウト(KO)マウスやコンディショナルKOマウスを数多く作製し、また研究分担者はマウス肝臓における細胞競合モデルを独自に構築することに成功し、共同して肝臓が細胞競合モデルとして重要であることを見出している。

 本研究ではこれら申請者が、様々なアプローチで細胞競合現象を研究する世界的な研究者が集まる当該領域に参画し、有機的かつ緊密に連携しつつ、Hippoシグナル経路による哺乳類細胞競合機構とその破綻病態を研究する。これによって、哺乳類組織構築における細胞競合の分子機構、細胞適応度の解明、細胞競合による破綻病態の解明も可能となり、生命科学の新たな次元の創出が期待される。また、本研究の成果は、細胞競合という新しい生物学的コンセプトを起点として広範な生命科学領域の向上と強化につながるとともに、がんをはじめとするヒト難治性疾患の病態解明と治療戦略の開拓に貢献することが期待される。