平成26年-平成30年 文部科学省科学研究費補助金新学術領域研究「細胞競合」

お知らせ

2017.07.04

第3回国際シンポジウムの参加登録の〆切りは7月6日です!

2017.06.01

第3回国際シンポジウムの情報を公開しました。

2017.03.31

2017年8月29-31日 新学術領域研究「細胞競合-細胞社会を支える適者生存システム-」第3回国際シンポジウムが北海道大学にて開催されます。

2017.03.31

2017年1月17ー19日 新学術領域 細胞競合・ダイイングコード 合同若手ワークショップが開催されました(News Letter Vol.3)。

2016.11.04

新学術領域研究「細胞競合-細胞社会を支える適者生存システム-」
第2回国際シンポジウム(2016-cell-competition)がスペインで開催されました。

2016.09.09
2017年3月16-18日 第6回細胞競合コロキウムが開催されます。
2016.09.09

2016年8月30-31日に第4回新学術領域「細胞競合」班会議が東京大学薬学講堂にて開催されました。

2016.02.09

2016年8月30-31日に第4回新学術領域「細胞競合」班会議が東京大学薬学講堂にて開催されます。

2016.02.08

2016年3月17-19日 第5回細胞競合コロキウムが開催されます。

2015.09.10
新学術領域研究「細胞競合-細胞社会を支える適者生存システム-」第1回国際シンポジウムは、9月10日に開催・終了いたしました。
2015.05.26

国際シンポジウム 参加申込みを開始しました。

2015.03.18

第4回細胞競合コロキウムが、北海道大学にて開催されました。

2015.01.13

新学術「細胞競合」第2回領域会議が、門司港ホテルにて開催されました。

2014.12.10

計画研究の藤田班の論文がJournal of Cell Scienceに掲載されました。

Ohoka, A., Kajita, M., Ikenouchi, J., Yako, Y., Kitamoto, S., Kon, S., Ikegawa, M., Shimada, T., Ishikawa, S., and Fujita, Y. (2014) EPLIN is a crucial regulator for extrusion of RasV12-transformed cells. Journal of Cell Science, in press

2014.09.16

計画研究の石谷班の論文がCell Reportsに掲載されました。

Shimizu N, Ishitani S, Sato A, Shibuya H, Ishitani T. (2014) Hipk2 and PP1c Cooperate to Maintain Dvl Protein Levels Required for Wnt Signal Transduction. Cell Reports 8(5):1391-1404

2014.09.11

計画研究の藤田班の論文がNature CommunicationsとJournal of Cell Scienceに掲載されました。

Kajita M., Sugimura, K., Ohoka, A., Burden, J., Suganuma, H., Ikegawa, M., Shimada, T., Kitamura, T., Shindoh, M., Ishikawa, S., Yamamoto, S., Saitoh, S., Yako, Y., Takahashi, R., Okajima, T., Kikuta, J., Maijima, Y., Ishii, M., Tada, M., and Fujita, Y. (2014) Filamin acts as a key regulator in epithelial defence against transformed cells. Nature Communications, 31 Jul; doi: 10.1038/ncomms5428

Anton, K. A., Sinclair, J., Ohoka, A., Kajita, M., Ishikawa, S., Benz, P. M., Renne, T., Balda, M., Jorgensen, C., Matter, K., and Fujita, Y. (2014) PKA-regulated VASP phosphorylation promotes extrusion of transformed cells from the epithelium. Journal of Cell Science, 127(16):3425-33.

2014.08.16

NHK「おはよう日本」にて、領域代表の藤田恭之がNature Communicationsに掲載された細胞競合についての研究内容について紹介しました。